1. HOME
  2. ブログ
  3. ホームページ
  4. WordPress(ワードプレス)とは?基本知識やメリットを解説

BLOG

ブログ

ホームページ

WordPress(ワードプレス)とは?基本知識やメリットを解説

WordPressは現在、広く利用されており、独自のドメインを取得して自分のウェブサイトを運営することが一般的になりました。 この記事では、WordPressの特徴やしくみ、利点や欠点を初心者にもわかりやすく説明していきます。

WordPress(ワードプレス)とは?


WordPressは、多くの方が耳にしたことがあると思いますが、具体的にどのようなものかご存知でしょうか。元々はブログ作成用のソフトウェアであり、PHPおよびMySQLが利用可能な状態でレンタルサーバーにインストールして使用します。

使い勝手が良く、無料で利用できるため、初心者にも適していますが、大規模な企業のウェブサイトでも利用されています。

CMSの中で世界一利用者数が多い

WordPressは最初はブログ構築用のソフトウェアとして開発されましたが、無償提供されるだけでなく、Webブラウザ上で簡単に高品質なウェブページを作成できるため、幅広く世界中でホームページ制作ツールとして利用されています。

専門的なHTMLやCSSの知識がなくても、マイクロソフトのWordのような使いやすさで誰もがホームページを作成できます。多くのユーザーが利用しているため、ほとんどの問題はインターネットで検索すれば比較的簡単に解決できるのも、WordPressを使用する利点と言えます。

WordPressの仕組み

WordPressの仕組みを理解することで、設定や操作方法がより理解しやすくなります。 ブラウザを通じてWordPressで制作されたホームページやブログを閲覧しようとする場合、WordPressはPHPプログラムとMySQLから記事データを取得し、都度HTMLを生成して送信します。 ブラウザはそのHTMLを受け取り、Webページとして表示します。

オープンソースのソフトウェアとして知られている

WordPressは、幅広くソースコードが公開されているため、オープンソースソフトウェアとして有名です。オープンソースなので、だれでも無料で利用できることは、初心者を含め多くの人にとって大きなメリットです。WordPressを利用する方法に制限はないため、ユーザーは自由にどんなページを作成してもいいです。

さらに、WordPressを改変したり、開発に参加したりすることも自由です。そうすることで、多くの技術者がWordPressの開発や改修に参加し、不具合の修正やソフトウェアのアップデートが頻繁に行われるなど、オープンソースのメリットが現れます。

WordPress(ワードプレス)で可能なこと


ここではWordPress(ワードプレス)でできることについて解説していきます。

初心者でも手軽にサイト作成ができる

WordPressを使用すると、専門知識がない初心者ブロガーでも、直感的な手順で記事を作成できます。記事作成時には、「ブロックエディタ」と呼ばれるWordPressの編集機能を利用して執筆します。「ブロックエディタ」とは、WordPress5.0以降に標準搭載された、文章や画像などを「ブロック」単位で管理するエディタです。

HTMLやCSSなどの専門知識が不要で、記事の執筆や装飾が直感的に行えるため、初心者でも記事作成を効率的に行うことができます。

SEO対策ができる

WordPressを利用すると、ウェブサイトのSEO対策も可能です。たとえば、関連するページや記事をタグやカテゴリーでリンクさせる方法や、画像に説明文を追加する方法があります。また、メタディスクリプションやメタキーワードの設定、サイトタイトルやキャッチフレーズの編集も容易です。

これらの機能を駆使することで、ウェブサイトを作成するだけでなく、Googleなどの検索エンジンからウェブサイトへの集客を促進することができます。WordPressは、ブログだけでなくビジネス向けウェブサイトとしても活用できます。

SEO対策は幅広い知識が求められるため、WordPressを使用しても必ずしも上位表示できるわけではありません。しかし、SEOに詳しい方であれば、WordPressを使用したウェブサイトでも上位表示させることができます。

コンテンツとデザインの管理を別々に行うことができる

WordPressは、訪問者がサイトにアクセスするたびに、MySQLからコンテンツを取得し、適用されるテーマを使ってHTMLを生成して表示します。ユーザーはコンテンツを更新する際に、デザインも同時に更新したり、デザインを更新する際にコンテンツも同時に更新する必要がないのが特徴です。たとえば、コンテンツを追加するだけで、設定済みのデザインが自動的に適用されます。

無料で利用が可能

WordPressの普及には、無料で使用できるという利点があります。実際には、WordPressを導入するためには、サーバーやドメインの費用がかかりますが、一般的な料金は月1000円程度です。そのため、若い世代でも手頃な価格で利用でき、個人でもWebサイトを簡単に立ち上げられます。

費用の負担が少ないため、WordPressを使ってサイト運営に挑戦しやすくなる利点が大きいです。WordPressは、オープンソースソフトウェア(OSS)の一種です。オープンソースソフトウェアとは、ソースコードが無料で公開され、誰でも自由に改変や再配布ができるソフトウェアです。

さらに、テーマやプラグインの開発、翻訳などはWordPressコミュニティのボランティアによって支えられています。これらの理由から、WordPressやプラグインなどの機能を無料で利用できるのです。

機能の追加も簡単

WordPressには、「プラグイン」という追加機能があり、標準機能にはない機能を必要に応じて自由に追加できます。WordPressの公式サイトでは、なんと60,629個のプラグインが提供されており、頻繁にバージョンアップも行われています。

この豊富なプラグインは、WordPressの人気の一因となっています。プラグインを利用することで、WordPressを自分好みにカスタマイズすることができます。

無料テーマが豊富に用意されている

WordPressを利用すると、サイトのデザインや構成を変更するための「テーマ」が提供されています。 このテーマを使えば、まるで企業の公式ウェブサイトのような美しいデザインのサイトを、直感的に作成することができます。 2023年6月時点で、WordPress公式からは10,960個もの無料テーマが提供されています。

多種多様なテーマの中から、自分の好みに合ったデザインを選ぶことができるのも、WordPressの魅力の一つです。 さらに、WordPressテーマには高品質でおしゃれなデザインがたくさん用意されています。 WordPressのテーマは幅広いジャンルに対応しており、様々なニーズに合ったデザインを見つけることができます。

WordPress(ワードプレス)を利用するメリット


ここからはWordPress(ワードプレス)を利用するメリットについて解説していきます。

HTMLなどのプログラミング知識がなくても操作可能

デザインやサイト構築に凝ったことをしない場合でも、HTMLやCSSの知識が不要で、直感的に操作が可能なため、必要に応じて情報を調べることで更新できるサービスです。だれでも簡単に更新できる利点があります。
サーバーの設定などには一部留意すべきポイントもありますが、基本的にウェブサイト上で表示される情報を確認しながら進めるだけで、まるでゲームをプレイしているかのようにウェブサイトが完成していきます。

ホームページからブログまで幅広いニーズに対応している

Webサイトには、個人のブログから法人向けのサービスサイトやコーポレートサイト、ECサイトまで、さまざまなニーズが存在します。ただし、WordPressを使用すれば、異なる種類のサイトでも簡単に対応できます。
このように、WordPressはニーズに応じて柔軟にカスタマイズできる点が大きな利点と言えます。

必要な情報がネット上に落ちている

WordPressは幅広いユーザーによって使用されており、問題が発生した際の解決策や最新情報などが、日本国内および世界中で共有されています。そのため、WordPressに関する情報をインターネットで検索すれば、必要な情報を簡単に見つけることができるでしょう。

例えば、「この手順はどうしたらいいのか?」「このプラグインの使い方が分からない」といった場合でも、すぐに解決策を見つけることができることがよくあります。また、最近ではYouTube上で解説を行っている方々もいるため、動画を通じて操作方法を学ぶことも可能です。

利用者に寄り添った設計になっている

WordPressが世界で最も広く利用されるCMSとなった主な理由は、利用者の視点を重要視しているとされています。WordPressを使用することで、専門知識のない方でも直感的にブログやウェブサイトを比較的簡単に作成できます。

さらに、アップデート時には常に互換性を意識し、エラー対応などで利用者に負担がかからないよう努めています。WordPress以外のCMSを使用したことがない方にとっては、一般的なことのように感じられるかもしれませんが、それは当然のことではありません。

ユーザビリティを重視し、初心者からプロまで使いやすく設計されているため、多くの人々がWordPressを選択しています。

WordPress(ワードプレス)を利用するデメリット


ここではWordPress(ワードプレス)を利用するデメリットについて解説していきます。

一部のエラーには自分で対応する必要がある

WordPressの更新やプラグインの影響によって、次のような問題が生じる可能性があります。

・WordPressを更新した直後、管理画面が表示されなくなる
・あるプラグインが原因で、他のプラグインの機能が停止する

このようなエラーが発生した場合、それに対処する必要があります。

「自分には十分な専門知識がないから、エラーの対処は難しい……」とお悩みの方でも心配ありません!表示されたエラーをインターネットで検索すると、他のユーザーが解決策を見つけている場合が多く、WordPressの特徴としてエラーの原因を特定しやすいです。

エラーの原因が分からなくても、事前にバックアップを取っておけば元の状態に戻すこともできます。

セキュリティの対策が必要

WordPressは、現在サイバー攻撃の標的として非常に人気があります。その背景には、世界中で広く利用されていることや、一般ユーザーのセキュリティ意識が不十分な点が挙げられます。過去には、WordPressにおける深刻な脆弱性が多く見られ、世界中のWordPressサイトが不正アクセスを受ける事例も報告されています。

万が一、自身のウェブサイトがハッキングされると、手塩にかけて執筆したコンテンツが改ざんされる危険性も考えられます。これを防ぐためには、WordPress本体やプラグインの最新バージョンを常に保つセキュリティ対策が欠かせません。

また、レンタルサーバーを利用する際には、WordPressのセキュリティ強化機能を活用することもおすすめします。

サーバーやドメインに関しては少し知識が必要

WordPressを使用する場合、一般的には有料の「サーバー」と「ドメイン」を用意することが必要です。WordPressを利用するには、サーバーとドメインを設定することが初心者にとっては少し複雑に感じることもあるかもしれません。

慣れないうちに設定を誤ってしまうと、「Webサイトへのアクセスができない」「エラーが表示される」といった問題が発生し、時間を取られることもあります。この点から言うと、WordPressは無料ブログよりも利用のハードルが高いと言えるかもしれません。

レンタルサーバーを利用すると、WordPressを簡単に設置できるサービスが提供されています。こうしたサービスを利用すれば、初心者でも手軽にWordPressを始めることができますので、おすすめです!

まとめ


WordPressは様々なメリットを提供しています。これらの利点は個人利用だけでなく、法人利用においても大きな効果を発揮することができます。ただし、欠点や留意点も存在し、特にセキュリティ面では細心の注意が必要です。

適切なアップデートや情報管理を行えば、問題なく利用できるCMSとして、サイト作成の手段としておすすめできます。

関連記事

期間限定! 友だち追加で無料相談