1. HOME
  2. ブログ
  3. ホームページ
  4. ホームページは更新が重要!更新の目的とメリットを解説

BLOG

ブログ

ホームページ

ホームページは更新が重要!更新の目的とメリットを解説

時間やお金をかけてホームページを開設したものの、長らく放置したままということはないでしょうか。実際のところ、最初こそ熱心に更新していたものの、本業の忙しさから手が回らなくなったというケースは多くなっています。

しかし、ホームページの運営は、更新がとても重要です。放置していても損はないような気がしますが、実はデメリットが生じている可能性もあります。

ここでは、ホームページ更新の必要性やメリットについて解説します。

ホームページ更新の重要性とは?メリットとデメリット

ホームページの活用方法はさまざまですが、自社の基本情報や広告等を掲載したらひとまずの目標を達成した気になりがちです。とくに掲載内容に変更がなければ、そのまま放置していても問題ないと考える方もいることでしょう。

しかし、ホームページを更新しないまま放置するのは大きなデメリットを生みます。

ホームページを更新しないことのデメリット

ホームページを更新しないデメリットは、主に4つあります。

集客力の低下

ホームページを更新しないままでいると、検索エンジンからの評価が下がって検索順位が下落します。ネットユーザーの目に留まる機会がグッと減ってしまうため、ホームページを開設した意味も薄れてしまうといえます。

ホームページが売上に直結しない会社であっても、ユーザーの購買意思の決定に関わっていることはあるため、重要な成果の機会喪失につながることは確かでしょう。

訪問客に不安を与える(リピーターの減少)

企業のホームページを訪れた際、直近の更新日時が古かったり、発信情報がアップデートされていなかったりすると「この会社はちゃんと稼働しているのだろうか」と訪問者は不安になるものです。

掲載情報が古い場合は、企業への信用性まで疑われることになります。顧客であっても再利用に不安を感じ、結果としてリピーターを失う可能性もあります。

トラブルの元になる

ホームページの情報が古いと、それが具体的なトラブルを生むこともあります。古い情報を元に顧客が行動して何らかの被害を被ることがあるからです。重大な過失につながるケースもあるため、業種によってはホームページの更新は必須業務といえます。

また、注意したいのがセキュリティの問題です。システムが古くなってセキュリティが脆弱になると、ウィルス感染や情報漏洩等のリスクが高まります。頻繁に更新する必要がないケースでも、定期チェックは欠かさないようにしましょう。

会社のブランドイメージの低下

これまでにも触れたように、ホームページの更新がおろそかになると会社のイメージが悪くなります。

ブランドイメージは企業の重要な財産です。なかでも新規の顧客獲得には大きく影響します。ところが、一度傷ついたブランドイメージは、回復するのに膨大な時間と労力を要します。「時間がないから」「閲覧数はそんなに多くないから」と避けることなく、定期更新に取り組む必要があります。

ホームページを更新するメリット

一方で、ホームページを更新するとどんなメリットがあるのでしょうか。デメリットが解消されるだけでなく、企業にとってプラスの効果を生み出してくれます。

検索順位のアップ

検索エンジンからの評価が改善されて検索順位が上がると、Web集客力が高まります。ホームページが適切に運用されていると、その集客力は既存の方法の何倍もの効果を生むと考えられます。なかでも新規顧客獲得の機会が増えるため、検索順位に考慮した定期的更新はしっかりおこなっていきたいところです。

企業の信用性アップ

ホームページが定期更新されていると、継続して運用されていることが顧客の安心感になります。また、情報が新しいものに変わっているホームページは、情報が古いままのホームページよりも圧倒的に信用感が上がります。競合他社と比較した場合は、それだけで強力な武器になることを覚えておきましょう。

有益なコンテンツの増加

ホームページを定期更新するには、ブログ等のコンテンツを追加していく手法がよく取られます。質の高いコンテンツの増加はWebの検索順位アップにも効果を発揮し、集客効果を高めることが期待できます。

この過程で増えるのが、企業にとって資産ともいえる有益なコンテンツです。ユーザーにとって価値のある情報がホームページ上に蓄積されると、企業のブランドイメージや新規顧客獲得、ニーズの拡大、あるいは業界の活性化にもつながります。

ホームページを更新するメリットを十分に受け取るには、ただ頻繁に更新するのではなく、その中身もよく検討することが重要です。

ホームページを定期更新するのに必要なことは?


先ほども触れましたが、ホームページはただ更新すればいいというものではありません。むやみに更新すると逆効果になることもあります。

では、何をすればいいのでしょうか。

次は、効果的なホームページ更新の方法について考えてみましょう。

更新の方針を決める

ホームページを更新する方法はいくつかあります。ホームページの仕様やデザインにもよりますが、目的に応じて方針をきちんと決めておきます。ゴールが決まらなければ見当違いの更新になってしまうからです。

  • アクセス数の増加
  • 問い合わせ数の増加(HP閲覧から購入までにつなげたい)
  • 企業名(ブランド)の浸透   等

このように、どのような結果が欲しいのかを明確にし、どのように更新していくか方向性を決めておきましょう。

次に、更新する中身を具体的に決めていきます。

  • 最新ニュース
  • 自社商品やサービスの情報
  • 販売実績や実例
  • 購入者の声
  • ブログ
  • コンテンツ作成(ユーザーに有益な情報を発信)

ブログだけでも、現場作業の様子を紹介するスタッフブログもあれば、イベント情報の告知を中心としたものなど、さまざまです。現在の問題点も加味しながら、更新すべき内容を決定します。

なお、更新する項目によってホームページを更新できる頻度がある程度決まっていきます。
定期更新が難しい内容であれば、販売実績とブログという具合に複数を組み合わせて調整してみてください。

担当者の選定

欠かさずに定期更新するには、担当者も決める必要があります。業務としてのリソースがあるのは当然のこと、次の項目で取り上げるホームページ更新に必要な専門的知識を有していることも重要です。

とくに人材や人手不足が深刻な中小企業では難しい課題ですが、公開するホームページは不特定多数の目に触れられるものです。企業イメージにも直結するため、安易な人材登用もできません。慎重に対応して、担当者にまかせっきりにならないようなフォロー体制も築いておくのがいいでしょう。

専門知識や情報の分析

方針や担当者が決まったら、次は更新作業の開始です。とはいえ効果的に更新するには、さまざまな知識が必要です。

  • WordPress等の基礎知識
  • SEO対策
  • ユーザー属性や検索意図の分析等、アクセス解析  等

直観的に操作できるホームページ作成サービスならば、初心者でも簡単に更新作業ができます。しかし、ホームページ公開のメリットを最大限に受けるには、WordPressのような専用のプラットフォームを活用するのが一番です。専門的知識は必要になりますが、広告掲載のデメリットや閉鎖のリスクがないところは大きな利点です。

また、最新ニュースやブログ、コンテンツ等の更新では、情報の鮮度やユーザーニーズに合っているかどうかもアクセス数に響いてきます。とくにSEO対策は、常に変化しています。最新情報をこまめにチェックして、時代に合った施策を心がけることが大切です。

専門業者に依頼するメリット


ホームページ更新の重要さと、更新に際して必要なことについて解説しました。「更新の重要性はわかったけれど、定期更新は大変そう」と思った方は多いのでなないでしょうか。

実際のところ、公開直後はがんばって更新していたものの、次第に滞ってしまったというケースは多くあります。真剣に取り組むほどに、知識不足を実感するものです。

そこで活用したいのが、ホームページ制作会社です。

自社で人材から専門知識まで用意するには時間と手間がかかりますが、専門業者に依頼すればホームページ更新まで短期間でこぎつけます。変化し続けるGoogleアルゴリズムへの対応も早いため、安心です。また、専門家ならではのアドバイスも期待できます。

気になる料金ですが、本業に集中できることと効果を考えれば決して高いものではありません。安価であれば効果もそれなりといったケースも見受けられますので、何社か比較検討してから選ぶのがおすすめです。

まとめ


放置してしまいがちなホームページですが、更新しないでいると集客力の低下やブランドイメージダウン等のデメリットが発生します。一方で、適切に更新していれば、企業にさまざまなメリットをもたらしてくれます。

しかし、ホームページ更新には専門的知識も必要で、やみくもに更新するだけでは本来のメリットを受けられません。かといって適した人材の採用や育成には時間と手間がかかります。

ホームページ制作会社へ依頼すれば、これらの課題は早急に解決でき、ホームページ更新によるメリットも早く受けられるようになります。貴重な時間を無駄にしないためにも、ぜひ検討してみてください。

関連記事

期間限定! 友だち追加で無料相談